返回顶部

珍拍网 > 爱好、文化 > 美术品 > 字画,书法 > 挂轴 移动版

  • 古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術
  • 古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術
  • 古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術
  • 古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術
  • 古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術
  • 古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術
  • 古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術
  • 古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術
  • 古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術
  • 古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術
  • 侦测到“故障品”字样,请与客服确认
  • 此卖家为店铺,收8%消费税
  • 此商品为海外发货,可能收取高额运费
  • 此商品注意尺寸重量限制,以免无法运输
古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術

古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術[浏览Yahoo!拍卖页面]

  • 一口价:¥96079(合1380000日元)
  • 现在价格:(合日元)
  • 剩余时间:
  • 下标数目:

帐户升级,享受免保证金出价! 《会员制说明》

卖方资料

雅虎卖家:a604755852yaojie收藏卖家

卖家评价:380 2
店铺卖家:个人卖家
发货地址:京都府

京都府 到 东京 的运费参考

三边和 运费
60厘米 ¥64
80厘米 ¥79
100厘米 ¥95
120厘米 ¥110
140厘米 ¥127
160厘米 ¥142

以上仅供参考,具体以卖家规定为标准

商品参数

  • 拍卖号: p685800425
    开始时的价格:¥96079 (1380000日元)
    个数: 1
    最高出价者:
  • 开始时间: 2019/5/17 15:51:52
    结束时间:
    提前结束: 不可能
    商品成色: 二手
  • 自动延长: 会
    日本邮费: 中标者承担
    可否退货: 可以
    直购价格: ¥96079 (1380000日元)
古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術

拍卖注意事项

1、【自动延长】:如果在结束前5分钟内有人出价,为了让其他竞拍者有时间思考,结束时间可延长5分钟。

2、【提前结束】:卖家觉得达到了心理价位,即使未到结束时间,也可以提前结束。

3、参考翻译由网络自动提供,仅供参考,不保证翻译内容的正确性。如有不明,请咨询客服。

4、本站为代购代拍平台,商品的品质和卖家的信誉需要您自己判断。请谨慎出价,竞价成功后订单将不能取消。

5、违反中国法律、无法邮寄的商品(注:象牙是违禁品,受《濒临绝种野生动植物国际贸易公约》保护),本站不予代购。

6、邮政国际包裹禁运的危险品,邮政渠道不能发送到日本境外(详情请点击), 如需发送到日本境外请自行联系渠道。

xvpbvx

 

 

 

 

 

>

寸法: 幅;32cm×530cm。
竹根彫林蔭八仙竹山置物です。
中国の写経 西暦67年(後漢明帝10年)、蔡?(サイイン)が42章の経典を白馬に積んで洛陽に持ち帰り、白馬寺に納めて漢訳しました。これが最初の漢訳仏典といわれています。 南北朝時代、南の漢民族には古来から伝わる儒教と道教とがあり、佛教の「空」の思想も道教の「無」と同質と説かれていました。 一方外来民族が支配した北朝は、伝来の文化がなったので仏教を重んじ、政治の基本に置きました。この頃の仏教遺跡として北魏の大同雲崗石窟、洛陽竜門石窟などが有名です。 隋?唐時代入ると佛教は隆盛を極めます。  399年(北魏天興2年)63歳だった法顕(ホッケン)は、中国での戒律の不備を歎いて渡印を敢行し、17年後に帰国しました。(日本で老年の星というと、50歳で隠居した後江戸に出て西洋暦法を学び、71歳までの間に日本全国を測量した伊能忠敬が思い出されますが、法顕の場合は80歳で帰国してから見聞記「仏国記」を著すのですから、流石に中国はスケールが違います)  401年、鳩摩羅什(クマラジュウ)が長安に来て訳経に着手し、35部300巻を漢訳しました。鳩摩羅什は印度人の貴族と亀茲(クチャ)国の王女の子で、後秦に迎えられて長安で阿弥陀経、大品般若経、法華経、維摩経、大智度論、中論などを訳出しました。後の玄奘三蔵が訳した経典を新訳と言うのに対して、鳩摩羅什の訳本は旧訳と言われています。  629年(貞観3年)玄奘が渡印し、645年(貞観19年)長安に戻って訳経を開始し、76部、1347巻を翻訳しました。玄奘はご存知「西遊記」の三蔵法師のモデルで、このときの旅行の模様を記した「大唐西域記」の著者でもあります。 因みに鳩摩羅什、梁の真諦(シンタイ)、唐の玄奘、不空を中国の四大訳経家といいます。   奈良時代の写経 欽明天皇即位7年にああたる宣化3年(538)、百済の聖明王が欽明天皇に仏像と経論を贈ったのが歴史書に記された仏教伝来の公式記録です。(大学受験では、佛教伝来=ゴミヤ(538)の拾った仏様と覚えました)   614年(推古22年)聖徳太子が「法華経義疏」四巻を書写されました。これは現存する日本最古の筆跡です。 673年(天武元年) 川原寺で一切経を書写が行われました。歴史に見える初めての写経事業です。 734年(天平6年) 官立の写経所が設立されました。 735年(天平7年) 留学僧玄昉(ゲンボウ)が一切経5048巻を携えて帰朝し、海竜王寺に蔵しました。 741年(天平13年)聖武天皇は国府所在地に国分寺(金光明四天王護国之寺)と国分尼寺を建立して、紫紙金字の「金光明最勝王経」「法華経」を安置する詔勅を出されました。 印刷技術の無かった当時、仏教普及のためには大量の仏典を複写する必要があり、国立の写経所はそのために設立されました。ここで働く写経生は、厳しい試験に合格した者に限られ、衣服や紙、墨、筆が支給されました。   書写枚数は平均1日7枚。写経用料紙に1枚書写をするのに、慣れた人で1時間ほどですから、1日7時間労働と言うことになりましょうか。生活は安定していますし、書写料も当時の下級役人にしてはよかったようですが、誤字?脱字には罰金が科せられました。 正倉院文書の中に玄米でなく白米を支給してくれとか3日に一度は酒を支給して欲しいと言った主旨の写経生の陳情書が残っているそうです。 当時の写経は天平写経と呼ばれており、現存しているものは皆立派なもので、写経生のレベルは相当に高かったと言えます。   平安時代の写経 奈良時代の写経は国家事業で、専門の写経生によって書かれましたが、平安時代になると写経は僧侶や貴族の手に移ります。また写経の目的も 単に経典の数を増やすというより祈願や供養が主体となり、装飾経(一字蓮台経、一字宝塔経、一字一仏経、扇面経など)が盛んになります。  平安時代の装飾経といえば、平家納経と久能寺経が代表的な名品です。しかし装飾経が盛んに作られるようになったのは、藤原末期から鎌倉時代にかけてで、院政時代以前には作られていません。  吉蔵の『法華玄論』に、釈迦没後、千年間は正法の時代、次の千年間は像法の時代、それから末法の時代に入り、仏法が衰退すると書かれています。当時釈迦入滅はBC949年と考えられていて、『扶桑略記』によると1052年(永承7年)から末法時代が始まると信じられていました。末法の時代にも経典を残そうとして、写経を経筒に入れて地中に埋める埋経が盛んになりました。 平安時代にも専門的に写経を行う人はいて、経師と呼ばれていました。写経のほかに、裏打や表装も行っていまして、やがてこちらが主な仕事になり、現在の経師屋になりました。   鎌倉時代以後の写経 鎌倉時代に入ってもしばらくは平安時代と同じ傾向が続きますが、 禅宗が不立文字を唱え、浄土宗、真宗、日蓮宗、時宗等の鎌倉仏教も経典の書写には重きを置かなかったので、やがて写経は下火となりました。 更に鎌倉?室町期になると木版印刷の技術が進み、木版経典が普及し始めましたので、仏典複写という写経の本来の目的も必要なくなりました。  現存する主な古写経 請来写経 「大聖武」  大字の「賢愚経」1行を字乃至十三13字の大字で書写。 東大寺伝来の宝。聖武天皇筆と伝えられていますが、初唐に書かれて請来されたものです。天平写経生に大きな影響を与えました。太く大きく堂々としていて王者の風格があり、「大聖武」の呼称はぴったりです。 「註楞伽経(チュウリョウガキョウ)」 伝朝野魚養筆(アサノナカイ)  楞伽山で仏陀が大慈菩薩のためにといた経に注釈を加えたもので、奈良時代に唐から請来しました。一行一二字前後で、註は割書きにしています。大聖武に比べて癖がなく、写経体の手本として最適です。 奈良時代 「金剛場陀羅尼経」 白鳳時代に書かれたもので、一巻が現存しています。 「和銅経」 712年(和銅5年) 文武天皇崩御に際し孫の長屋王が大般若経600巻を書写させました。うち220巻が現存しており、滋賀県甲賀郡鮎河村の太平寺に142巻あるので、太平寺大般若経ともいいます。年号が明記された古写経のうちでは我国最古で、界線がありません。10人以上で書かれていますが、どれも小ぶりの引き締まった写経体です。 「五月一日経」  736年(天平8年) 光明皇后は官立写経所で、玄昉の一切経を書写させました。願文に「天平12年5月1日」とあるところからこう呼ばれます。正倉院に七六三巻現存しています。黄麻紙に唐風の書体で書かれています。引き締まった見事な字です。正倉院に記録が残っているため、筆者、料紙、費用等を詳細に知る事が出来ます。天平書写の一切経の中で最も沢山残っていて、見る機会も多く、代表的な天平写経といえます。 「金光明最勝王経」 20巻が現存しています。国分寺経。紫紙金字。多くの写経生の中から選りすぐりの手書きが書いたもので、見事な文字です。断簡は紙の色から「紫切」、菅原道真筆との言い伝えから「筑紫切」などとも呼ばれます。 「國分尼寺経」(紫紙金字法華経)  奈良東明寺に伝わります。 「隅寺心経」  留学僧玄昉(ゲンボウ)の一切経5048巻が海竜王寺にあったため、修行僧がここに滞在し、修行の一環として般若心経を書いたものが残っています。海竜王寺は奈良の都の隅にあるので別名隅寺といいます。空海筆と伝承されています。 「二月堂焼経」(紺紙銀字華厳経)東大寺修二会に使用するために、特に金字経所に命じて書写させたもので、天平時代の紺紙経は稀です。江戸時代の寛文七年に、お水取りの松明のために 二月堂は全焼しましたが、この華厳経の一部は、天地を焦がしただけで助かりました。そこでこう呼ばれています。  平安時代 「久能寺経」 1141年(永治元年)頃、鳥羽天皇が髪を下ろして出家した時、皇后の待賢門院(藤原?子)が中心となって作った法華経で、三大装飾経の一つです。豪華な中にも気品がある名品です。 「平家納経」 1164年(長寛2年)平清盛が平家一門の繁栄を祈願して厳島神社に奉納したもので、法華経、阿弥陀経、般若心経、願文など合わせて33巻あります。品位、風格では久能寺経に一歩譲りますが、豪華絢爛さでは随一です。 「藤原道長の埋経」 自筆の紺紙金字経15巻を金銅の筒に納めて吉野金峰山に埋納したものが、元禄年間に発掘されました。 「中尊寺経」 奥州の藤原清衡は中尊寺を建立し、一切経1000巻を書写させました。その子基衡も法華経1000巻、秀衡も一切経を書写させました。これらは全て中尊寺経と呼ばれています。金銀交書一切経で、天平写経とは明らかに違う丸みを帯びた和風の書体です。 「愛知切」  伝小野道風筆。道風の出生地に因んで名付けられました。丁子吹きの料紙に金の切箔を撒き、金泥で界線のある品格の高い料紙に「観普賢経」を書写。文字の美しさと筆勢の非凡なことは平安写経中随一、和堂先生は常々「写経の中の高野切」と呼んでいました。 「安倍小水麿願経」(慈光寺大般若経) 貞観13年(871)に安倍小水麿が納めた大般若経が150巻残っています。上野の一豪族が当時600巻の経卷を奉納したのは驚異です 「一日頓写大般若経」  保延4年(1138)書写。  頓写経=一日経「一筆大般若経」願空筆。平治元年(1159)~承安4年(1174)15年かけて一人で書写) 「大般若経」 奈良、平安、鎌倉を通じ、大般若経の転読が盛んでした。転読に便利なように、巻子として書写された大般若経は、殆ど折本に改装されました。 「伝空海筆草書経」 コロコロ経。数種類あって、いずれも空海筆とされていますが、空海の真筆ではありません。 「瓦経」 埋経が流行し、経典の不朽を願って瓦に文字を彫って埋納することが流行りました。 「?経」 こけら経  木っ端、檜の薄片に書く。平安末期から室町時代にかけて流行りました。上端を屋根型に削って卒塔婆の形にしています。 鎌倉以降 「目無し経」 「般若理趣経」  装飾経の一種。白描下絵。後白河法皇が乳母の禅尼(清盛の女)のために絵巻を描いていましたが、まだ下絵しか出来上がっていないうちに法王が崩御したので、未完成の下絵の上に雲母を引き、銀界を施して写経料紙に仕立て、経文を書写したものです。 「慈光寺経」 宜秋門院(後鳥羽上皇の皇后、任子)が中心になって作った「法華経一品経」 三十三巻が現存しています。平家納経、久能寺経と並んで、三大装飾経の一つにかぞえられています。

迅速、丁寧な対応を心がけておりますので、どうぞよろしくお願い致します。 落札頂いた後、落札者様よりのご連絡がなく5営業日が過ぎ、ご入金もない場合は当方にてキャンセルさせて頂き、 悪質な落札者として、Yahooへの連絡をさせていただきます。 かつ、その落札者様の当方へのご入札を今後一切お断り致しますのでご了承ください。おもに古い骨董品を扱いますので、目立たない極小のキズや錆、汚れなど、成り行き上仕方ないと思われる要素を理由とした返品、減額はお断り致します。 また、扱う品物の性質上、学問的な見解、認識の相違が生じる可能性があるため、産地や時代の相違などについての保証、返品および減額対応は致しかねます。画像をご確認いただき、各々の価値判断においてご入札をお願い致します。 不明な点があれば、極力お調べいたします。事前にお気軽に問い合わせください。(ただし終了間際のご質問にはお答えしかねます) 画像はなるべく現物に忠実なものを心がけますが、環境の差異等により色調や質感に若干の相違がありますことをご承知置きください。 サイズは素人採寸です。多少の誤差が生じることをご承知置きください。 ※ 評価について 取引終了後の評価につきましては、ご希望されない方も居りますので、当方からは致しません。評価ご希望の方は、当方にご評価をつけていただきましたら、こちらからも評価をつけさせていただきたく思います。 最後までご高覧いただきありがとうございました。

古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術

古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術

古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術

古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術

古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術

古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術

古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術

古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術

古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術

古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術

古寺院蔵出 古写経 宋版写経長巻 長さ530cm  中国 唐物 唐本 仏教美術

新功能上线

鼠标选中一段文字, 可以自动翻译啦!